サプリで糖尿病予防

ストレスが招く高血糖の定着

「ストレス」が、血糖値を上昇させてしまうことは
あまり知られていない、意外な事実かもしれません。

 

ストレスを感じることで体は、「興奮状態」となります。

 

体にとって、よくないことが起きていると判断することで
自律神経を構成する「交感神経」の働きが活発になるためです。

 

血液にブドウ糖を供給する活動が活発になっていき
この反応が繰り返されている・慢性的なストレスを受けているということは
食事による血糖値の急上昇の繰り返しと、同じ現象が起きていると言えます。

 

ルックルックイヌリンプラス

 

血糖値が「下がりにくい」状態が作られてしまう

 

ストレスによって、血糖値が上昇していまうメカニズムというのは
高血糖と同時に、血圧の上昇による「高血圧」を招く要因でもあり
いずれしても、心拍数・体温含め、あらゆる数値が基本的に上昇します。

 

<頭に血が上る状態>というのは、実際に体をめぐる血流の勢いが増し
それに伴い心拍数があがり、それと同時に血糖値も上昇しているのです。

 

一時的なものであれば、誰にでもあることですが
ストレスを感じている状態が、慢性的になっているということは
常に血糖値の高い、なかなか下がらない状況ができ上がってしまっています。

 

「手を下す」ホルモンを抑えることで疲弊するインスリン

 

血糖値を下げるホルモンは、インスリンのみであり
ストレスによって交感神経が活発になっている状態というのは
体の中のあらゆるホルモンが、血糖値を上昇させる方向に働くことになります。

 

これに対し、立ち向かうホルモンはインスリンしか存在せず
インスリン環境が疲弊する・破壊されてしまうことは当然のことでもあります。

 

抑うつによる感受性の低下

 

また「抑うつ状態」というのは、インスリンの感受性を下げてしまうことが分かっています。

 

体がインスリンを感じづらいということは
血糖値を下げづらい、下げる物質の恩恵を受けることができません。

 

食事制限中等の、幸福度の低下によるうつ状態というのは
糖尿病治療における、1つの大きな問題となっています。

 

そして、食事制限の食事制限に至らないようにするために
またその内容を軽減するためにも、サプリは有効と言えます。

 

ストレスによる暴飲暴食は最悪の事態

 

ストレスと血糖値が関わる問題として
最も単純で、最も危険な問題が「やけぐい」です。

 

ストレス・イライラを感じた際の、暴飲暴食という反応は
フラストレーションが溜まった際の、典型的な行動になります。

 

その時点での直接的血糖値と共に
慢性的な血糖値上昇の要因を抱えた状況という
まさにダブルパンチと言える状態は、絶対に避けなければなりません。

 

当サイトイチオシのサプリ
>>「グラシトール」の公式ホームページはこちら

 
トップ 糖尿病の原因 サプリの選び方