サプリで糖尿病予防

高血糖によって招かれる状態とは

糖尿病(慢性的な高血糖)は、初期症状が少ない疾患の代表とも言える症状です。

 

基本的に「無自覚」なまま進行していってしまう傾向のあり
数ある生活習慣病の症状の中でも、特に前兆を見逃してしまいがちなものとして
より注意が必要なものとして知られており、その理由の1つとしては
<気づいた時には大分進行していた>となりがちな症状と言えます。

 

だからこそ、本来であればより早期の発見を意識するべきであり
当然のことながら、発見が早いほどに、できること・有効なことが多いものです。

 

ルックルックイヌリンプラス

 

血糖値が慢性的に高い(下がらない)ことで起きる症状

 

非常に典型的な・有名な症状としては

  • 喉が渇き続ける
  • 頻尿(尿が泡立つ)

 

といったものが挙げられます。

 

これらは、高くなったブドウ糖濃度を下げようという反応であり
ブドウ糖に関わらず、特定の成分の血中(細胞液)濃度が急上昇した際
浸透圧のバランスが崩れた際に、見られる反応でもあります。

 

しかしながら、高血糖によって体に起きていること
それによって招かれる症状による悪影響の本質とは
こういった状態よりも、より複雑なものと言えます。

 

エネルギー効率の悪化による弊害

 

高血糖の状態が、体に招く症状とは
<上がったまま下がらない>状態によるものであり
ある意味で、「高い状態」が継続することによって起きるとも考えられます。

 

そして<高いまま>ということは、ブドウ糖がエネルギーとして消費されていない
エネルギー効率が悪化していることによる、弊害を招くことになります。

 

最も分かりやす例としては、<疲れやすい>というものであり
エネルギーとなるべきものを、エネルギーとして使えないため当然のことです。

 

これが慢性的になることで、<常にだるい>といった状態になります。

 

エネルギー効率の悪さというのは、肉体の活動に影響が出るだけでなく
「お腹がすきやすい」といった、より単純な反応として現れることもあります。

 

「満腹度」に関しても、ブドウ糖によって左右されるものであり
常にブドウ糖が供給されている状態にも関わらず
<満たされない感覚>を、感じてしまうこともあれば
逆に<お腹がすかない>という事態が起きることもあります。

 

また<食べているのに痩せない><食べていないのに太る>といった
様々な段階・状況によって、まさに「ちぐはぐ」な結果を招くことも多く見られます。

 

とにかく早く気付く・始める

 

上記の症状というのは、特に中高年以降は
「よくあること」でもあり、軽く流しがちでもあります。

 

しかしながら、少なくとも<正常ではない>と考え
何らかの処置や、意識して様子を見ることも検討すべきと言えます。

 

「経験がある」という方は、今すぐ対策を始めるべき事象と言えます。

 

高血糖(生活習慣病)の対策は、<早すぎる>ことがないのです。

 

糖尿病サプリの選び方

 

 

「ピニトール」を配合した希少なサプリ
<すでに高い>血糖値に最適な>>「グラシトール」の公式サイトはこちら

 
トップ 糖尿病の原因