サプリで糖尿病予防

インスリンの働き・代謝能力を左右する運動の習慣

糖尿病に関わらず、各種生活習慣病の改善にとって
「運動習慣」は非常に重要な、必要不可欠の要素と言えます。

 

とりわけ、高血糖の症状に関して言えば
様々な角度から有効なものであり、より重要は増します。

 

そもそも「運動療法」とは、「食事療法」に並ぶ
糖尿病<治療>の1つでもあり、特にサプリの利用を検討するような
「予備軍」の方にとっては、より重要性の高いものと言えます。

 

というよりも

 

助かりたいなら、やって当たり前

 

とも言える習慣であり、まだ意識がない方は
<今すぐ始めるべき!>であることを、胸に刻みましょう。

 

当サイトで紹介しているサプリをはじめ
食事習慣や通院など、他の要素を努力したとしても
やはり運動を欠くだけで、そららの効果は半減してしいます。

 

ルックルックイヌリンプラス

 

基本は「有酸素運動」で代謝を高めてゆっくり燃やす

 

運動習慣を持たない人というのは、必ず「つらいもの」という先入観があるはずです。

 

しかしながら、糖尿病や各種生活習慣病に必要な
運動の内容というのは、それほどつらいと感じる要素はないものです。

 

その代わり「時間」が必要なものであり
時間をかけること自体が、効果を持っている習慣になります。

 

いわゆる「有酸素運動」と呼ばれるものであり
負担の少ない運動を、長時間続けることで

  • 脂肪の燃焼
  • 基礎代謝機能の向上

 

という反応を起こす、減量(ダイエット)を目的とした運動法であり
高血糖の傾向がある方にこそ、主に2つの角度から有効なものと言えます。

 

インスリンの邪魔をする脂肪を解消

 

まずは、「痩せる(脂肪を落とす)」ということ自体が
インスリンの分泌を阻害する要素である、「脂肪」の分解につながります。

 

基本的に、あらゆるホルモン・分泌物が
過剰な蓄積によって、働きが鈍くなるものであり
「痩せる」というだけで、身体機能(主に内臓)の機能向上につながります。

 

インスリンの分泌が活発になる

 

更に有酸素運動とは、体の代謝機能を向上させるため
自然と<インスリンの出やすい・働きやすい体>へと変化します。

 

食後血糖値が上がった段階での運動は
より緩やかに血糖値を下げる手助けとなるものであり
ぜひ日常的に取り入れていきたいものになります。

 

できれば「無酸素運動」も徐々に取り入れていくべき

 

本来であれば、筋肉を付ける「無酸素運動」を取り入れてから
有酸素運動を取り入れることが、望ましいものです。

 

筋肉の量が多ければ多いほどに、基礎代謝が高いものであり
有酸素運動による恩恵を、より大きなものにしてくれます。

 

サプリの効果を加速

 

代謝・インスリンの機能を向上させることは
サプリの効果を、より有効に引き出すメリットも忘れてはなりませn。

 

特に「イヌリンプラス」といった、「サラシア」を含むサプリは
血糖値の上昇を防ぐことで<脂肪燃焼のスイッチ>を
早く押すことにつながるものになります。

 

>>「ルックルック イヌリンプラス」の詳細ページはこちら

 

サプリは、決して<飲めば効果の出るもの>ではなく
あくまで「サポート」であり、他のサポート要素と重なることで
より大きな効果を生み出してくれる存在と言えます。

 

<エネルギーが足りない状態で活動する>ということは
ダイエットにとっては、最も効果的なコンセプトと言えますが
同時にリスクを伴うものであり、体調管理にはより注意して行いましょう。

 

「ピニトール」を配合した希少なサプリ
<すでに高い>血糖値に最適な>>「グラシトール」の公式サイトはこちら

 
トップ 糖尿病の原因