サプリで糖尿病予防

他では摂れないい血糖値に働きかける成分を配合したサプリ

当サイトでは、いわゆる「糖尿病サプリ」と呼ばれる
<血糖値に働きかける(とされ)成分>を配合したサプリを
ランキングで紹介していますが、それらに含まれる成分が持つ
血糖値への働きかけというのは、基本的には<血糖値の上昇を抑える>というものになります。

 

もちろん、血糖値の極端な・急激な上昇というのは
血糖値が高い状態、また正常な体にとっても悪いものであり
前者の場合には「悪化」を、後者に対しては「インスリンの疲弊」という
高血糖・糖尿病を招いてしまう、大きなきっかけとなります。

 

それを少しでも抑制することは、当然「いい」ものと言えます。

 

そして、血糖値への働きかけとして考えられる要素としては
以上の、<上がるのを抑える>ということに加えて
<下げるのを助ける>ということが、考えられるはずです。

 

血糖値を下げるための唯一の成分が「インスリン」であり
このインスリンの分泌・機能が正常に行われないことが
糖尿病に至ってしまう、「核」と言える要素になります。

 

血糖値が高い傾向にある方であれば
誰もが「インスリンの代わりになるものはないか?」と、考えたことがあるはずですが
その考え方に<近い>特徴を持つとして、「ピニトール」という成分が注目されており
このピニトールを配合した、希少なサプリが「グラシトール」になります。


 

現在、一般的に手に入る・安全な「国産のサプリ」の中で
ピニトールを摂取できるものは、l極めて珍しいものであり
「主成分」となっているのは、この「グラシトール」だけであり
そういった点からランキングには含めずに、ある意味で「別格」としています。

 

 

インスリンと似た働きと働きを助ける力

 

グラシトールの主成分であるピニトールは、
血液に中でインスリンと似た働きをし、またその働きを助ける力があります。

 

具体的には、血液中のブドウ糖を
筋肉に取り込むことで、血糖値の代謝を促します。

 

  • 血糖値の減少
  • エネルギー代謝の効率化

 

これらを促す働きは、まさに食事後にインスリンがしていることと言えます。

 

サプリで摂取する意味

 

そもそもピニトールという成分に関して、ご存じなかった方は多いと思われます。

 

ピニトールは、大豆等にも微量に含まれているようですが
「アイスプラント」という植物が、質量あたりの含有量が最も多く
グラシトールに含まれているピニトールも、アイスプラント由来になります。

 

アイスプラントは、食用・食材として<食べられる>ものですが
一般的な献立としての量では、十分な量のピニトールは得られず
何よりも、それほど「メジャーなおかず」ではないため
やはりサプリでの摂取が、最も現実的・効率的と言えます。

 

あくまで強力なサポートとして利用する

 

グラシトールは、その特徴から<すでに血糖値が高い>という方におすすめですが
もちろん、完全にインスリンと同じ働きをするわけではなく
あくまで「サポート」であり、食事制限・運動習慣といったものを併せて行うことが大切です。

 

<すでに高い>血糖値に最適な>>「グラシトール」の公式サイトはこちら

 
トップ 糖尿病の原因